ff14にどはまりしていた話

かれこれ1ヶ月くらい、ゲームをやっていた。

FINAL FANTASYXIVだ。

ファイナルファンタジーXIV フリートライアル | SQUARE ENIX

フリートライアルは一定のレベルまでなら、無料で、しかも無期限で楽しめる。

それがまた太っ腹の大容量で、なんだかんだで150時間は楽しんだと思う。

そしていまやすっかりハマってしまったのだ。

 

現在もハマっているなうなのだが、こうも私を魅了してやまないこのゲームの魅力を考えてみる。

 

◻魅力その1  自由度が高い

プレイヤーは開始時に、自分のキャラクターを創った後、職業を決めることができる。

その数、8種類。

戦士、槍術士、弓術士など・・・選びたい放題なのだが(ちなみにその後転職可能で、合計24種類になる)さらにすごいことに、

選んだ職業によってスタートする国が違うのだ。

 

なんじゃそら。

 

グリダニア、ウルダハ、リムサ・ロミンサというそれぞれ特徴を持った3つの国があり、レベル15になるまでは選んだ職業の国でクエストをこなしていく。そしてレベル15のクエストをクリアすると、飛空挺に乗れるようになり、3つの国を行き来しながらストーリーを進めていくのだ。

それぞれのマップは・・・もちろん、だだっ広い。

 

最初のうちは、そのスケールのでかさについていくのがやっとだった。

 

とりあえず、ストーリーに関わるクエストをこなしていく。無料でできる範囲をクリアするのに20時間ほどかかった。

 

しかし、そこからがこのゲームの面白いところだ。

 

簡単に言うと、

釣りをしたり

装備を作ったり

カードバトルをしたり

カジノに行けてしまうのだ。

 

楽しすぎる。

 

◻魅力その2  誰かいる

マップをウロウロしていると、必ず他のプレイヤーに遭遇する。それがまたおもしろい。

他のプレイヤーも自分と同じようにマップをウロチョロしているのだ。この人はいまどんなクエストをしているのだろう?と考えるのも面白いし、明らかに今、自分と同じクエストをしているだろう人もわかる。時に無言で協力しあうのも面白い。

以前、自分が強い敵と戦っている時に体力がピンチになると、通りすがりの白魔導士さんがさりげなく回復の呪文を使って応援してくれることがあった。

会話をするでもなくその方は去って行ってしまった。それがまたよい。名前も忘れてしまったがあのご恩は忘れませぬぞ。

 

◻魅力その3  月額制ならではの魅力

 FFXIVは、1ヶ月1,280円~1,480円(税抜)のプレイ料金がかかる。中にはそれを何年も何ヵ月も支払い続けている猛者もいるわけだ。しかし月額料金が発生してるからこそのクオリティの高さがある。

 

まず、プレイヤーだ。

FFXIVと似たように、オンラインで誰かと協力をしながらプレイするゲームは他にもあるが、プレイしていると、わがままばかり言ってクエストと全然関係のないことをし始める人によく遭遇する。FFXIVはその率がはるかに少ない。

月額料金が成せる技だ。おそらく、年齢層も関係あるのではないかと思う。

 

戦闘に求められる知識やテクニックも高度だ。ボスの特徴やダンジョンのからくりがわからないと全滅するのは当たり前の世界だ。本気で大人向けのゲームなのではないかと思う。それもまた面白い。

 

・・・とまぁ、魅力は他にもあるが書ききれないので3つにしておく。

無料でできることを遊び尽くそう!と思い1ヶ月間、あらゆるものを犠牲にしてがんばってみたものの、終わらなかった。

現在、FFXIVはサマーセール期間中であり、ついに製品版を買ってしまったのだ。

 

これを書いている現在、製品版をダウンロード中なのである。かれこれ2時間は待っている。容量が大きければ大きいほど、これからの物語の数も多い。どんな物語が待っているのだろう。楽しみだ。