拝啓 ご先祖様

お盆なので、お手紙を書きました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

田中太郎(仮名)のご先祖様

 

拝啓

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。いえ、そちらの世界は温度差などなく、快適なのかもしれませんね。

 

おかげさまで、現在の田中家の主、一男(仮名)さんに産まれた次男坊の田中太郎(仮名)は、無事に32年間生き延びています。

話を聞く限り、2歳で屋根の上に一人でのぼり母親に、「この子は生きていればそれでいい」とまで思わせたかなりの問題児だったようですが、無事に生き延びています。

それもこれも、ご先祖さまが築いてくださった環境のおかげです。

 

若者が極端に少ない、町の人はみんな顔馴染み状態の田舎という環境のおかげで、そして一男さん、お母さん、年の離れたお兄さんやお姉さんのおかげで、太郎はたくさんの愛を受けて育ちました。

子供の頃は、学校からの帰り道に必ずぼうしを落とし、あらゆる物を落とし、時にはランドセルなど、邪魔になったものを自分からほうり投げて身軽になって家に帰ってくるような毎日だったそうですが、おかげさまで名前が書かれた私物はどこに落ちていてもそれが町内なら必ず田中家のもとに戻ってくるという仕組みができあがりました。なんなら落とした覚えのない、名前の書かれていないものも、「きっとこれは太郎のものだ」ということでまずは田中家に届いていたようです。

そこらへんは、私よりもご先祖様の方がお詳しいかもしれませんね。かなりのお力をお借りしたのではないかと思います。その節は大変、大変にお世話になりました。

 

今でも太郎は田中家の実家に帰ると、脱いだパンツや靴下をリビングのあちこちに脱ぎ散らかします。そして、母や姉がなにも言わずにそれらを洗濯機にいれるという習慣が強く残っております。

私も最初は驚きましたが、当の本人は涼しい顔をして脱ぎ散らかし続けるので、それが普通なのだと思うようになりました。

ただ私と太郎が2人暮らすマンションでは、太郎は仕事から帰るととりあえず制服と靴下を脱いでリビングの床におき、数時間後お風呂に入りにいくついでに、床においてあった靴下を自ら洗濯機に入れるようになりました。これは我が家にとって、人類が初めて月面に降り立ったのと同じほどの重要な一歩ではないかと思います。

ちなみに翌朝、床に置いてある制服を自分で拾い上げ、裏返しになっている袖やズボンを自分戻し、臭いを確かめ、着ていくのを2、3日は繰り返します。

 

これは、私が鬼になり、床においてあるものは非常に気になるけれども片付けないという苦渋の決断をしての結果ではありますが、自分の脱いだものは勝手にきれいになって畳んであるとすら考えていた太郎が、洗濯機に入れようという考えに至った最初の一歩は、ご先祖様が太郎にこっそりとささやいてくださったおかげなのではないかと思っています。未熟者ではございますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

例をお伝えしすぎてしまいましたが、今ではこのように、太郎は幼いころに培った愛嬌のよさで多少のわがままを押し通す能力を身につけています。

その能力は仕事でもいかされているようで、話を聞く限り自分のやりたいように仕事をしつつも周囲の同意を得ており、良い評価までいただいているようです。毎日仕事から帰ってきては自慢話を聞かされるので、私としても内心は話半分で聞いておりましたが、しっかりと昇給やボーナスとして形になっており、嫁の立場としてはこのまま、できるだけ家から一歩も出ずに生きていきたい次第です。

収入の差がそのままテレビのチャンネルの主導権になり、私としては肩身が狭いですが、太郎が汗水たらして仕事をしている間に私はff14なりドラゴンクエストなりを好き勝手にさせていただいております。とことんひきこもり、たまに外に出たくなり仕事をし、そして引きこもるという最高の毎日です。私一人ではとてもじゃあないですが暮らしていけません。ここまでご先祖様に感謝をしがてらさんざ夫をコケにすることで日頃のうっぷんを晴らしている私ではございますが、太郎なしには生きられません。

そんな嫁を受けとめる広い心も、ご先祖様のご指導ご鞭撻があったからこそと思います。本当に本当にありがとうございます。

 

最後に、余談ではございますがどうしても感謝の気持ちをお伝えしたいことがございます。

 

田中家に土地を遺してくださり、本当にありがとうございます。

 

田中家のご先祖様が遺してくださった土地で野菜と米をつくり、私はその作業に一切関わっていないのですが我が家にもおすそわけをいただき、それが我が家の命綱となっております。

特に茄子は絶品です。炒めてもよし。揚げても煮込んでもよし。一口噛むごとに、市販の茄子では味わえない深みが出てくる田中家の茄子は、私の大好物です。願わくば田中家の茄子だけ食べて生きていきたい。

それもこれも、土地を遺してくださったおかげです。太郎は次男なので、ゆくゆくは長男であるお兄さんの土地になるのでしょうが、これからもお米と茄子はいただいていけることを切に願っております。

 

来年もまたお盆にお帰りください。どうか田中家と太郎をこれからも、すえながく、よろしくお願いいたします。

 

敬具

 

田中花子(仮名)

ユーチューバーが流行る理由がなんとなくわかった

夏ですね。

お盆です。
f:id:moyoyoyoh:20170816154353j:image

今年も旦那の実家に帰ってきています。

 

私たち大人組は、日常の忙しさをボーーーッとするのがたまらないリフレッシュですけど・・・

 

高校生の甥っ子(男子)が暇をもて余してるんですよ。

そりぁそうです。ここは山に囲まれたド田舎。都会の暇潰し道具は何ひとつないですから。あるのはスーパーファミコンだけですから。

 一方でもう一人の甥っ子(小6・男子)は今日もおばあちゃんを無理やり説得して川へ泳ぎに行ってますが・・・もうそんな歳じゃないんですねきっと。高校生は。

 

それで、何をしているかと言うと、

ずーーーーっと、友達と電話してるんですよ。

ただ、画面つきなんですよね。昔で言う、テレビ電話ってやつです。LINE電話もあるし、できちゃいますよね。Wi-Fiの時代です。

ここは田舎だからWi-Fiないけどね。

親の通信代じゃないそれ・・・と小言をいいたくなってしまうのは、おばさんになってきたということでしょうか。

 

それでさらに小言を言うと、電話の向こうのお友だちはゲームをしていて、甥っ子はそれをずーーーっと見ているんですよ。

会話らしい会話はしていないんですよ。

なんじゃそら!?!?と、突っ込みたく・・・なりませんか?なりますよね!?ものすごくなります・・・。

 

確かに、私も高校生の時は、初めて持った携帯電話(パカパカ)が楽しくて、暇さえあれば友達に電話をかけたものです。

ワンギリもしましたね。もうみんなしないでしょうね。。かけ放題ではなかったので、通話料を気にしながらの遊びでした。

 

ところがどっこい!それがどうだ!?最近は!!

ゲームしている友達と電話をするって、、それって、ゲーム実況のYouTubeを見ているのとなんらかわりないのでは!?と突っ込みたくてたまらんのです。

 そりゃあゲーム実況YouTuberは面白いことも言うし、リアクションもするし、、最高です。

 

なんかこう、、ほとんどの遊びが、スマートフォンを使って画面越しに何かを見る遊びなんですよね。

「暇潰しに、スマートフォンをいじる」高校生に多く求められているのは、「画面を眺めているだけで面白いもの」なんですね。

そりゃ流行るわ。youtube

 

気になって色々調べてみました。

確かに、ユーチューバーはすごい。観ていて飽きない工夫が満載で、気がついたら一本見終わっています。

特に、YouTube独特の手法なのかなと思うのが、画面の写っている人が常にしゃべっている状態の動画編集をしてるんです。テレビよりも画面に集中して観るからでしょうね。間というよりはテンポのよさが求められていて、息をすっている時間さえもカットした編集をよくみかけます。

あとは、大袈裟なリアクションですね。スマートフォンだと、その人がどんな表情をしているかがよくわかるんですね。この2つが、ノリと面白さを求める10代にはピッタリだと思いました。

 

今回は甥っ子へのツッコミどころから考えてみた内容でしたが、ただ・・・それがいけないこととは、あんまり思いたくないんですよね。私が持ってる天気がいいから外に遊びに・・・なんていうのはもはや時代で、これからの未来をつくっていくのは、10代ですから。

おもしろい時代になってきました。

 

これからの未来はどんな風になっていくんでしょうね!?

とりあえず今日はyoutubeが流行る理由がわかってよかったです。時代に少しおいつきました。

 

 

 

暇潰しにぴったりのアプリをみつけた話

暇だ。

念願のドラクエも手に入れたのに。

おかしい。こんなはずじゃなかった。

 

我が家には収入の差から力関係がうまれてしまっている。

夜は、PS4の購入者(旦那)がテレビとゲームを独占してしまうから

猛っっっっっっ烈に、暇だ!!!

 

前回の失敗があるから↓

 

 

 

今回は旦那をたてて、ドラクエは旦那より先のストーリーにいっていない。

だから、画面を見たくない!!

見たくない!!つらい!!!この先のストーリーがある程度推理できてしまうではないか!!

 それでもどうしてもたまに視界に入ってしまうのが、

つらい!!

 

・・・ドラクエをスタートして2、3日は、このもどかしさに全てのやる気を失い、ひたすらゴロッゴロしていた。

しかしずっとゴロゴロするわけにもいかないので、とりあえず何かはじめてみることにした。

 

それがこれだ。
f:id:moyoyoyoh:20170809233259j:image

ノノグラム・カタナというアプリで、ピクロスができるアプリだ。
f:id:moyoyoyoh:20170809233349j:image

モノクロ、カラーと色々なものが選べる。
f:id:moyoyoyoh:20170809233418j:image

その数、モノクロだけでも842種類。

はんぱない。終わる気がしない。

当分は楽しめそうだ。

優しいものから50マス×50マスの超ハード問題まで様々で、スマホで50×50に挑戦しようとなると、もう・・・
f:id:moyoyoyoh:20170809233647j:image

こんな感じ。

小っさ!!!!!

もちろん拡大はできるが、これを一つ一つポツポツと埋めていくのである。
f:id:moyoyoyoh:20170809233731j:image

けどまぁ、慣れてくると小さなマスも人差し指のおき加減でミスなくできてしまう。人間の不思議。

ネイリストが小さなビーズをひとつひとつ爪に置いているような気持ちになれる。

はい、できあがり。

これで大体、30分くらい。

 

優しい問題はサクサクッと完成する爽快感があるし、これみたいな難しい問題はやりとげた達成感がたまらない。

暇~な夜にかなりオススメ!!

みなさまも是非に!!

季節外れのサンタがドラゴンクエストを買ってきた話


夢っていうのは思っていれば叶うと言われているが、思いながら「自然と何かしらの行動を起こしていれば」叶うものなのかもしれない。

 

昨日、季節外れのサンタがドラゴンクエスト11を持ってやってきた。というか一緒に買いに行った。

 

そもそも我が家では、

週5日は働いている旦那>週5日は家にいる

という力関係が生まれている。

 

(嫁も微々たる額は稼いでいるのだが←重要)

当然、収入は旦那の方が上であり、生活のほとんどは旦那が支えている。収入によって明らかな力関係があるのだ。

 

しかし嫁は嫁で、その有り余る時間で人生を謳歌している。旦那が仕事に行っている間は好きなようにゴロゴロダラダラさせてもらっているのだ。家事を頑張っている風に見せていれば我が家は平和なのである。

 

しかし2年前の冬にサンタ(旦那)が突然、ニンテンドー3DSを2台と、当時発売したてのモンスターハンターXを2つ持って我が家にやってきた。周りがおもしろいおもしろいと騒いでいたので気になっていたのだろう。嫁と楽しく協力プレイをするつもりで2台手に入れてきたのだ。

案の定、嫁も狩りの魅力にひきこまれ、ドップリとハマっていった。

 

しかし2人には、自由な時間に違いがありすぎた。

 

嫁は1日のほとんどを討伐と装備の製作に力を注いでしまい、一方旦那はほぼ毎日、汗水垂らしてしっかりと働いて帰ってくる。1週間たったころには、プレイ時間も40時間ほど差がうまれ、ハンターランクと言われる実力の差が旦那は4、嫁は100以上とハッキリと数値として表れてしまったのだ。

 

ある夜、いざ夫婦で協力プレイ!という段階で、高すぎる嫁のハンターランクと、「あんたは弱いんだからまずはこれをしな」と先輩ハンター気取りで指示を出してくる嫁が面白くなかったのだろう。

それに今思えば、家事をほっぽりだして部屋がどんどん汚くなっていってるのがわかってしまったのかもしれない。

「俺が毎日働いてる間に何やってんだ!お前もお金を稼げ!」と、翌日、3DSモンスターハンター2人分をまるごと中古屋にもっていってしまったのである。

これはまいった。苦い思い出である。

 

そして今回、まったく似たような流れでまたサンタがクリスマスでもないのにドラクエを買ってしまったのである。


f:id:moyoyoyoh:20170804121337j:image

今回こそは、旦那サンタをたてなければならない。

 

大丈夫。対策はバッチリだ。

実はドラクエが我が家にやってくる5日前に、どうせドラクエ買ってくれないなと諦めていた嫁はコッソリとFINAL FANTASY XlVのコンプリートパックをサマーセールで買ってしまったのである。

 http://moyothink.hatenadiary.jp/entry/2017/07/29/100847:title ff14にどはまりした話

 

つまり、旦那が帰る時間まではそっちをそれはもうドップリとプレイしまくり、帰る時間の1時間ほど前から一度夕飯の準備をしがてら休憩し、作り終えてから旦那が帰る瞬間までちょこちょことドラゴンクエストをプレイすればよいのだ。

当然、旦那の方がストーリーは先をいく訳であり、疲れて帰ってきて旦那が画面を覗くと、「ああ、嫁はまだそこなのか!」と優越感を味わえるだろう。嫁は自分の仕事や毎日の掃除洗濯、おいしい夕飯を準備しているとあんまりプレイする時間がないのだな!というアピールもできる。本当は1日7時間ほどff14をプレイしているわけなのだが。

旦那がプレイしている時間は先のストーリーを知りたくないので、朝やるはずだった家事をコッソリとやっておく。次の日の家事準備もこっそりとしておく。

完璧な作戦だ。人生は楽しい。

 

・・・ひとつ気になっているのは、ff14をお得に手にいれるためにPlayStation Plusに加入したことにより、起動後の画面にこっそりと+マークがついてしまっていることと、
f:id:moyoyoyoh:20170805230042j:image

 

ドラゴンクエスト横に思いっきり最新アイコンになったff14が並んでいることだ。
f:id:moyoyoyoh:20170805230052j:image

 

これはなんだい?とツッコミをいつ受けるのかと内心ヒヤヒヤしている。バレたら離婚の危機寸前の大喧嘩になること間違いない。

しかしそんなヒヤヒヤも楽しんでしまっている自分がいる。とりあえず紅蓮に行くまではばれないでくれろと祈るばかりだ。

 

ぶっちゃけ携帯電話ってどこが得なのか考えてみた1 docomo withについて

夏です。

そろそろ今のスマートフォンを使いだして2年。乗り換えの季節がやってまいりました。

 

皆さんご存知ですよね。

かつて携帯電話の会社がこぞって、MNPと言われるキャリアの乗り換えに力を入れていたことを。家電量販店もそれに便乗して、店舗ごとに高額なポイントをつけて競っていたことを。

実際私も2年前は、近隣で一番お得になる店舗を探しだし、100000円分のポイント+機種代0円+使用料金割引!のウハウハ状態で手に入れたものだ。

 

それに味をしめて、もちろん今回も家電量販店に探りに行ってみるものの・・・

 

今はもうそんなウハウハなんて、どこもやってないんですね。

永遠に続くと思っていたのに・・・すばらしい時代でした。(∋_∈)グスン

 

残念ですがそこでめげずに、少しでもお得になるために!!

携帯電話の料金プランについて真剣に考えてみました。

 

まずdocomo。今使っているキャリアです。

 

6月から新しい割引プランがでましたね。

◻withについて

docomoホームページです。

docomo with | 料金・割引 | NTTドコモ

 どなたでも docomo with 対象スマホ購入で、毎月ずっと1,500円(税抜)割引の新料金プラン。 ※対象料金プランおよび必須パケットパックの契約が必要です

 とあります。

 

ほほう。専用のスマートフォンを使えば、月々1500円もお得になるの!?それって素敵!

我が家は今ドコモと契約しているので、単純に1人1500円も割引になるのならお得~!

 と思いドコモショップにいってみるものの・・・

 

機種代金が割引額と同じくらいするんですね。


f:id:moyoyoyoh:20170802230722j:image

機種代金が合計40000円ほどかかって、それを24ヶ月に分割して払うと、1500円ぐらいしますと。

あれ、それって、割引額と同じじゃない??

しかも、頭金5400円って・・・何!?

なるほど。実質は機種の分割払いが終了した2年後から月々1500円お得になるってことですか。お友達にもいますが、長~く同じ機種を使ってる人ほどお得になるってことなのですね

わかりました。

 

それに行ったのはドコモショップだったので、家電量販店に行けばそれよりは多少安くなるのでしょうが・・・

ショックです。つまり、月々の料金は今と大して変わらないわけです。

それに我が家は、よく落として壊す夫+アプリのしすぎで電池消耗が激しい嫁、ですからね。

今回も旦那のスマートフォンはマイクが壊れてろくに通話できないですから。2年も無事に使えてないですから。

 

そして物申したい。

そもそも、携帯電話の割引ってわざとわかりにくくしてないですか?

月々の使用料が安くなる!って言っても、自宅のインターネット回線とセットだったり、高い機種代をサポートする名目だったりで、機種ならネット代なりに適用されるはずの割引を携帯の使用料金側にに全部くっつけて見せているから、すっごいわかりにくい。

面倒くさいので今まで通りにしたいという気持ちにうまくつけこんでいるというか。もう、かなり物申したい!!

そこはまたじっくり考えよう。

 

でも、そんなのには、負けません。

とことん追及してやろうと思います。

徹底的に調べてみました。

 

わかったことから言っちゃうと、

格安SIMの方が、明らかにお得です!!

 

詳しくは次回。 

調査はまだまだ続きます!

 

 

ff14にどはまりしていた話

かれこれ1ヶ月くらい、ゲームをやっていた。

FINAL FANTASYXIVだ。

ファイナルファンタジーXIV フリートライアル | SQUARE ENIX

フリートライアルは一定のレベルまでなら、無料で、しかも無期限で楽しめる。

それがまた太っ腹の大容量で、なんだかんだで150時間は楽しんだと思う。

そしていまやすっかりハマってしまったのだ。

 

現在もハマっているなうなのだが、こうも私を魅了してやまないこのゲームの魅力を考えてみる。

 

◻魅力その1  自由度が高い

プレイヤーは開始時に、自分のキャラクターを創った後、職業を決めることができる。

その数、8種類。

戦士、槍術士、弓術士など・・・選びたい放題なのだが(ちなみにその後転職可能で、合計24種類になる)さらにすごいことに、

選んだ職業によってスタートする国が違うのだ。

 

なんじゃそら。

 

グリダニア、ウルダハ、リムサ・ロミンサというそれぞれ特徴を持った3つの国があり、レベル15になるまでは選んだ職業の国でクエストをこなしていく。そしてレベル15のクエストをクリアすると、飛空挺に乗れるようになり、3つの国を行き来しながらストーリーを進めていくのだ。

それぞれのマップは・・・もちろん、だだっ広い。

 

最初のうちは、そのスケールのでかさについていくのがやっとだった。

 

とりあえず、ストーリーに関わるクエストをこなしていく。無料でできる範囲をクリアするのに20時間ほどかかった。

 

しかし、そこからがこのゲームの面白いところだ。

 

簡単に言うと、

釣りをしたり

装備を作ったり

カードバトルをしたり

カジノに行けてしまうのだ。

 

楽しすぎる。

 

◻魅力その2  誰かいる

マップをウロウロしていると、必ず他のプレイヤーに遭遇する。それがまたおもしろい。

他のプレイヤーも自分と同じようにマップをウロチョロしているのだ。この人はいまどんなクエストをしているのだろう?と考えるのも面白いし、明らかに今、自分と同じクエストをしているだろう人もわかる。時に無言で協力しあうのも面白い。

以前、自分が強い敵と戦っている時に体力がピンチになると、通りすがりの白魔導士さんがさりげなく回復の呪文を使って応援してくれることがあった。

会話をするでもなくその方は去って行ってしまった。それがまたよい。名前も忘れてしまったがあのご恩は忘れませぬぞ。

 

◻魅力その3  月額制ならではの魅力

 FFXIVは、1ヶ月1,280円~1,480円(税抜)のプレイ料金がかかる。中にはそれを何年も何ヵ月も支払い続けている猛者もいるわけだ。しかし月額料金が発生してるからこそのクオリティの高さがある。

 

まず、プレイヤーだ。

FFXIVと似たように、オンラインで誰かと協力をしながらプレイするゲームは他にもあるが、プレイしていると、わがままばかり言ってクエストと全然関係のないことをし始める人によく遭遇する。FFXIVはその率がはるかに少ない。

月額料金が成せる技だ。おそらく、年齢層も関係あるのではないかと思う。

 

戦闘に求められる知識やテクニックも高度だ。ボスの特徴やダンジョンのからくりがわからないと全滅するのは当たり前の世界だ。本気で大人向けのゲームなのではないかと思う。それもまた面白い。

 

・・・とまぁ、魅力は他にもあるが書ききれないので3つにしておく。

無料でできることを遊び尽くそう!と思い1ヶ月間、あらゆるものを犠牲にしてがんばってみたものの、終わらなかった。

現在、FFXIVはサマーセール期間中であり、ついに製品版を買ってしまったのだ。

 

これを書いている現在、製品版をダウンロード中なのである。かれこれ2時間は待っている。容量が大きければ大きいほど、これからの物語の数も多い。どんな物語が待っているのだろう。楽しみだ。

 

もし自分と結婚した嫁がゴーン・ガールばりのサイコパスだったらどうするかと考えた話

観ましたか?ゴーン・ガール

 

ゴーン・ガール (吹替版)
 

 

恐ろしい。なんて恐ろしい映画だ。

まず、ネタバレをせずにあらすじをざっと書いておくと、

 

5回目の結婚記念日、ニック・ダンは妻のエイミーが失踪したことに気づく。彼女の失踪でメディアは過激化し、彼の不可解な行動や結婚生活にまつわる嘘によって、ニックはソシオパスであり妻を殺したと世間は考えるようになる。

だが、真実はそうではない。ニックは疑いを晴らそうと妻が残したメッセージを手がかりに奮闘するが・・・

 

といったとこだ。しかし、そこから話は意外な方向に進み、誰もが信じられなかった驚きの結末を迎えるので、これはもうネタバレ込みでしか書きようがない。

とにかく、恐ろしい映画だった。

 

こわい。。。

こわすぎる。。。

 

さて、ここで出てくるのが、「もし自分がこの映画の夫の立場になってしまったら・・・!?」という不安だ。

つまりもう、ネタバレをぶっちゃけると、サイコパス嫁とこれからもずっと仲のよい夫婦として暮らし続けることができるのか・・・?という不安だ。

子供までうんじゃって。

 

いや、できないよ。

絶対にいやだ。狂いそう。

 

そこで、真剣に真剣に考えてみた。

どうすれば妻の正体を世間に暴くことができ、共に暮らし続けるというあのエンディングを防げるのか!!

 

◻タラレバで徹底的追及

まずは映画を見終わって起こった出来事と結果をすべて知っている状態で「もしあの時こうしていれば・・・」というタラレバでトコトン考えていく。

あがこうとも、サイコパス嫁にことごとく先読みをされどうしようもない絶望感はあったが、旦那側にもまだチャンスがあったと思う。

 まず、

・クレジットで購入した品を小屋で発見した時点で、サイコ嫁がきたという証拠を偽造しておく。

ある日小屋のなかに覚えのない品々がある。もちろん嫁の仕業なのだが、そんなの、嫁がそのあとも利用しないわけないじゃないか!

 

逆に利用してやるのだよ!!ねぇ。

たとえサイコ嫁によって自分の非になる証拠はけされていたとしても、血をザツに拭き取る夫だと思われてるぐらいだから、探せば毛髪のひとつやふたつはあるはずだ。それが、普段立ち入らないはずの妹の納屋にあったら?よい方向に進んだと思う。

ここまでやってしまうと目には目を、歯には歯をになってしまうが、インタビューで「愛してる、帰ってきて欲しい」と言えてしまうぐらいならできた技だと思う。

 

・盗聴機をしこむ

死んだはずの妻が血まみれで帰ってきた!真実を腹を割って話をする、あのシャワーシーンだ。嫁は盗聴機を持ち込めないよう、わざと裸になるしかないその場所を選んだわけだが、、

事前に仕込んでおけばどうとでもなったのではないか??

と思うわけだ。

そこで仕込みに気づかれてしまったとしてもまだチャンスはある。

終盤、妻が妊娠していることを明かし、ラストのインタビューになる前。こっそり2階へマスコミを呼んでおくこともできる。

どちらにしろ、自白する瞬間が大チャンスだ!

ひっくりかえると思うんですけどね・・・あの弁護士ならそこまで入れ知恵できたと思うんだけどな。

あと、疑問な点があるのだが、

精子バンク後の催促状をもっとうまく利用する

というか、なぜ利用しないのか?行方不明になった時点で妊娠6 ヶ月だったはずだ。大きくなっていたはずのお腹も再び帰ってきた時点ではそれはそれはペッタリしている。おかしいよね!?いつどうやって降ろしたのか?催促状を利用して民衆へ、警察へ、少しでも疑問点を残すことができればあとは簡単に妊娠は偽装だったとわかると思うんだけどね・・・どうなのでしょうか。

同じ理由で、いまだにとっておいているストーカーからの手紙、結婚の制約なんかももっと厳重に管理しておいてほしい!思いっきり有利になる証拠じゃないか!気を抜きすぎだ!自分で証拠を捨ててしまっているようなものだ。。悲しい。

 

確実にわかっていることは、サイコ嫁は夫の上をいくので、こちらは上の上の上をいかなければ勝てないということだ。

 

 そして、そもそもサイコパスとは結婚しない。

気がつけばの話だが・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

みなさまどうか、パートナー選びは慎重に・・・