だめよめもよ日記

暇をもてあましては寝てばかりいる主婦。このままではまずいという自覚あり。これでも良き方向へがんばっているつもり。

主婦の強みをビジネススキル風に考えてみた

私は主婦である。

週に2日ほど別の仕事をしているが、それでも残りの5日は家にひきこもって一歩も外に出ないので、主だった仕事は、週休5日の主婦である。

 

しかし、友人との遊ぶ約束が重なり、面白かった出来事をSNSにアップしようものなら、当然旦那から目をつけられる。

 

そういった時によく出てくる例えがある。

「俺は、ロボットなんだ。嫁さんに好きなことさせるために作り出された、お金を稼ぐロボットなんだ。そのために毎日毎日、出稼ぎに出て、そのお金は嫁さんに消えていくロボットなんだ。」

「毎日、ボロボロになって廃棄寸前まで命を使って、家に帰って、修理してもらって、次の日にまた稼ぎにいくんだ。」

というものだ。

これを寝る前にポツリとつぶやいてくる。

ちょっとつらい。

 

嫁に修理してもらうという感覚があるだけまだマシで正直ほっとしている自分がいるのだが、実際にその通りな現状ではあるし、反論の言葉も思い付かないので毎回申し訳なく思う。

 

しかし最近、その例えが口ぐせのようになってきたので、こちらはこちらで自己PRを考えてみることにした。

 

私がどれだけ優れたスキルを兼ね備えた主婦であるかというのを、今ここに披露したい。

 

☆名前 

モッヨー

 

☆キャッチコピー

「ずっとそばに」

「あなただけのコンシェルジュ

 

☆スキル 

掃除、洗濯、料理はもちろん高機能搭載!

・家の中にある物体と配置を全て記憶し、「俺のよそいきベルト探して」などの疑問に即座に反応できるライブラリー機能も完備。

《アレドコイッター》

※場合によっては手元までお届けする配達サービスもあります。

 

・葉書をポストに入れる。電気代をコンビニに支払いに行く。など、やや手間のかかる作業をかわりにこなす機能

《アレヤットイテ》 

 

・その場から動くことなく、追加エネルギーを提供できる。《オカワリ》
f:id:moyoyoyoh:20170828170504j:image

 

・重要なイベントの前日に、ふさわしい服装と小物をクローゼットの手前にかけておける機能《レイフクダシテオキマシター》

※状態をチェックし、アイロンをあてるというサービスもあります。アフターケアとして、クリーニング屋に代わりに行くことができます。

 

・チェックしている映画の公開日や家族の行事、お歳暮のシーズン、旦那の両親の誕生日をお知らせする機能《カレンダー》

 

・近隣スーパーの食材の底値を脳内でリスト化し、最小コストで仕入れてくる機能《セツヤクカー》
f:id:moyoyoyoh:20170828171643j:image

・新番組をくまなくチェックし、その中から厳選された旦那好みのテレビ番組を提案できる。代わりに録画をしておくこともできる。《ズットテレビミテル》

 

・休日を充実させるために、近隣のおいしい店情報や最新映画情報をしかるべきタイミングで提供する。

《コンドコレシヨウヨ》

 ※自分がつれていってもらいたいだけという可能性があります

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ふむ。パッと考えてみたが、結構あるぞ。

 

そして我が家の場合、

最重要役割を果たす機能が、

 《ワタシペッパーデス》だ。

・あなたの話を自慢話だろうが愚痴だろうが目をみて聞き、よきタイミングでうなずき、よきタイミングでリアクションを返します。

会話をするごとに学習していくAIも搭載だ。

 

さらに言えば、オプションサービス(家事)は開始して数年だが、この《ワタシペッパーデス》に関してはキャリア10年以上を誇る。今や私は旦那の両親を越えるよき理解者だ。

 

欠点といえば上にあげたサービスが効力を発揮するのは旦那限定ということぐらいだが、その提供先は旦那しかいないので全く問題はない。

 

これをPRすれば、私という人間はいかにみみっちい仕事を数々こなしているかがおわかりいただけるだろう。

惚れ直されること間違いない。